占星術を学ぶことで得られるもの

私達には各々授かった個性があり、自分ならではの魅力や能力を人生で表現できたら…と
誰しもが感じて生きています。

日々起こる出会いや奇跡に一喜一憂しながら、人生を動かすのは他の誰でもない自分自身だとわかっていながらも、

自分の置かれた状況を観察しつつ、どうすれば最大限に伸ばすことができるのか模索しがちです。

人間の脳が生涯のうち使われている可能性は数%と囁かれるように、まだまだ自分自身が出せるパワーや可能性、魅力となる宝を発掘しないまま、私達は時を過ごしているのかもしれません。

一体どれだけの人々が、この地球上で自分の秘められたチカラに気づき、存分に出しきっていると感じているのでしょうか。

そのような時、いにしえの人々が天空と地上の出来事を照らし合わせながら、生命の可能性を読み解こうと情熱を注いだように、

現代を生きる私達の人生においても、先人の知恵を学び、ホロスコープという人生の羅針盤を手に入れて活用することは、まだ目覚めていない可能性への道しるべになるでしょう。

授かった個性を適切に生かし、あなたが根底から望むものへと成長するための近道となるはずです。
引用元: ASTRORATIO USA & JAPAN:writing Megumi Sawa

オフィスレディナダが提供できること

澤 恵が主宰するオフィスレディナダでは、カウンセリングの現場での体験、
一人一人とのコンサルテーションを大切にしています。

25年以上の年月を振り返ると、星よみの素晴らしさ、面白さに夢中になり、
ご縁ある人にコンサルテーションを始めた私の元へ、
今度は私にも教えて欲しいと現れたクライアント様からの要望によって、
私は自然な流れで、星よみを教えるようになりました。

受講生の輪が広がるほど、さらに私自身はカウンセリングの現場の大切さを痛感し、
コンサルテーションを通じて、またクライアント様から学ばせて頂くという流れがありました。

私にとって占星術家という仕事は、適切な星よみによって
クライアント様が自分らしくあることに居心地よさを感じながら、
可能性を伸ばすために、今できるだけの節度あるアドバイスを行うもの。

人生で知り合える人間関係の数は限りがある中で、ご縁があって出会った方々です。
本来の自分らしさを取り戻していくプロセスを見守り、必要な時には適切にサポートできる、
そんな縁の下の力持ち的な存在だと感じています。

また、人からアドバイスをもらったことは、時間が経過すると忘れてしまうこともあるけれど、
自分自身が学んだ知識は、時間の経過とともに知恵となります。

占星術から得た理解は、生涯の宝物となり、人生をしなやかに生きる助けになるでしょう。

これからもマインドとボディが調和して、心身ともに健全で過ごせるように、
ご縁がある方に、私の積み重ねてきた経験である、色やアストロロジーの世界を
分かち合い、伝え続けていきたいと願っています。


2019年1月1日 澤 恵


1 2 3

4