色彩と癒し Color & Healing

私たちの住む世界は、色彩に満ちています。

当たり前のように過ごしている色に囲まれた日常ですが、色は心理面だけでなく身体面にも影響をもたらし、さらに筋肉の活動や精神、神経の活動にも及ぼすため、

色彩を味方にすることは、 心身ともに健やかに導く可能性へと繋がります。

また、誰にでも共通する側面に関わるだけでなく、一人一人の独自の思い出や、そのとき味わった特定の感情といった個人史にも色の印象は深く刻まれていくもの。

こういった個人的な状況も考慮して、現代社会で色を上手く活用すると心のケアにも貢献してくれるでしょう。

そのために、私たちは色とどんな関わり方ができるのでしょうか。

 色彩の時代背景

色には魔力的な、特別な力が備わっている

歴史の中で、時代を作ってきた人物たちは、この色の持つパワーを直感的に知っており、色の神秘的なパワーに惹かれ、色の可能性を使いこなそうと様々な文明で活用してきました。

古代エジプトにおいては、色のついた薬や、天然石による治療がすでに行われ、癲癇の患者には紫色の光線を使った癒しの手法を施していたと、パピルスにも記されています。

ネイティブアメリカンやアフリカのジャングルの原住民たちは、出陣の前に自然界の力を味方にするため、また敵を威嚇するためにも、仲間を見分けるためにも色の効果を用いてきました。 

ハーブを飲用するときも、色によって効果の違いがあると信じられ、医学の父と言われるパラケルススも色の軟膏を治療に用いたと文献に残しており、現代でも新生児の黄疸治療には青~緑色の光線を使用するようです。

このことは、人間が色の波長と共鳴している存在であり、色の波長はパーソナルヒーリングにおいて欠かせないものであることを、いにしえから人々は知っていたことを物語っています。

1

2 3 4