毎日を丁寧に生きること

1年半くらい前に宝友会の観劇会で会った後、

「子供達がみんな成人して卒業して、自由に動けるようになったし、何でも手伝えることがあったら言ってね。
3人の子供の子育ても失敗の連続(苦笑)子供に育てられたわ〜。また私の笑える子育て、聞いてね」

とLINEでメッセージを送った時も、

「めーちゃん、勇気をもらえたよ。ありがとう。元気になったら娘さんの猫カフェに行きたいわ〜」と
即、返事のメッセージを送ってくれた彼女。

どんな時でも自分のことよりも、いつも周りのことを気にかける思いやり深い人でした。

この現実世界の中で、直面する現実と矛盾する思い。

誰しも生きることって、時には厳しいなと思うことってあるけど、
一日一日を大切に生きて、与えられた命を全うするって、すごいこと。

ご遺族も話されていましたが、どんな状態であっても周りの人のことを思いやる妻であり、母であったと。
心が清らかな彼女のような人は、もしかしたら魂がふさわしい世界へと移行するように、
神様から召されたのかなと思ったり・・・

このブログを日記のように読み返した時、同期のみんなと同じように思い出を胸に抱きながら、
彼女達が今この瞬間を懸命に生きたように、私もあり続けたいと願い、書いています。

愛する友達へ・・・出会ってくれてありがとう。

心からご冥福をお祈り致します

1

2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。